6月19日(金)ノートレ日記ー映画

ノートレ日記

今日は以前に見て面白かった映画の紹介をします。

ドキュメンタリー風、社会派コメディ映画「帰ってきたヒトラー」です。

原作はドイツでベストセラーになったティムール・ヴェルメシュの風刺小説。

自殺直前の記憶を失ったヒトラーが現代にタイムスリップするというコメディです。

この発想はあったというか、思いついた人はいたでしょうが、実際に書いてドイツで売れたことにブラックコメディとはいえども、タブーだと思っていたので驚きました。

タイムスリップしたヒトラーはTV番組制作会社にヒトラーそっくりのコメディアンとしてスカウトされます。

テレビ番組に出演し、YouTubeにアップされ人気になっていく様子はとてもリアルでした。

ヒトラーがドイツの人々に「国中を旅して聞いている。あなたが気になっている問題とは?」と問いかけるシーンが印象的でした。

Amazonのプライム会員対象作品なので、予告編を見て面白そうと思った会員の方はぜひ。

『帰ってきたヒトラー』予告編(ロングバージョン)

小説版は映画と違ったヒトラー視点だそうで、こちらも気になります。


デイトレードランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました